近鉄不動産、博多駅前のホテルを建て替えを発表

近鉄不動産は博多のホテル建て替え計画「近鉄博多ビル」の概要を発表

・博多駅前の「都ホテル」を建て替え

・コンセプトは「緑と水と光のビル」

・2019年開業予定

 

近鉄不動産と近鉄・都ホテルズは、福岡市博多区で推進する博多都ホテル建替計画「近鉄博多ビル」について、概要を発表しました。

「近鉄博多ビル」はJR「博多」駅から徒歩1分。

地上13階地下3階建て。地下1階、1~2階は商業施設、3~13階はホテルフロアとします。

ホテルの外観は「緑と水と光のビル」をコンセプトに、壁面や最上階に水が流れ落ちる滝や緑を設置し、「見える滝」「見える緑」を演出します。夜間は建物全体のライトアップを行ない、にぎわいを創出します。

ホテルは、客室数約200室で客室面積は30平方メートル以上。

最上階には、レストランや日帰り入浴も可能な温泉を利用した屋外温泉スパ・屋内浴場などを設ける予定です。

低層階の商業施設には高級飲食店の出店などを予定しています。

開業は、2019年の予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です