リゾートをテーマにしたマンションが神戸で販売開始

「シーフォレスト神戸 ルネ 六甲アイランドCITY」販売開始

・コンセプトは「Resort&Active」でリゾートテイストの造り、アクティブ派向けのコンシェルジュサービスも

・非常用飲料水生成システム、非常時バッテリー付きエレベーターを用意

・2LDK~4LDKで2,400万円台~4,500万円

 

家にいながらリゾート気分が味わえるなら、海外旅行の頻度が減るかも…

総合地所、関電不動産開発、サンヨーホームズ、パナホームは、六甲アイランドCITYで共同開発中の新築分譲マンション「シーフォレスト神戸 ルネ 六甲アイランドCITY」(神戸市東灘区、268戸)の販売を開始します。

このマンションは「Resort&Active」をコンセプトとし、「全戸南向き」「全戸海向き」の住戸構成を採用。植栽計画も、パームツリーをはじめ南国リゾートテイストを盛り込んでいます。

立地は神戸新交通六甲アイランド線「マリンパーク」駅から徒歩3分。

鉄筋コンクリート造地上15階建てです。

敷地内には、神戸のカフェでは先駆け的存在の「Mother Moon Cafe」がコーディネートしたカフェや、「ジュンク堂書店」との提携により毎月セレクトされた書籍が並ぶライブラリーラウンジなどを設置。

大画面テレビを備えたソファースペースや和コーナーを設けた「ゲストルーム」、ホームパーティやサークル活動など入居者同氏が交流できる「コミュニティスタジオ」など多彩な共用施設を用意しています。

アウトドア用品やキャンピングカーレンタルなど、アクティブ派向けのコンシェルジュサービスも導入する予定です。

災害対策として、非常用飲料水生成システム「WELL UP」や「非常時バッテリー付きエレベーター」等の震災対策設備も用意しました。

住戸は2LDK~4LDK、専有面積66.90~94.82㎡。

第1期販売は6月上旬を予定。

販売予定戸数は50戸。販売予定価格は2,400万円台~4,500万円台となっています。

竣工は2018年12月。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です