いちご株式会社、2017年2月期決算

いちご株式会社が、2017年2月期決算(連結)を発表

・いちご株式会社はJ-REITの運用等のアセットマネジメント事業、太陽光発電を中心とするクリーンエネルギー事業を中心に行う

・売上高1,092億5,300万円で前期比119.8%増と倍増以上

・取得物件の賃貸収益増加、クリーンエネルギー事業の好調が要因

 

いちご株式会社が、2017年2月期決算(連結)を発表しました。

当期(2016年3月1日~2017年2月28日)は、売上高1,092億5,300万円(前期比119.8%増)、営業利益217億8,100万円(前期比41.3%増)、経常利益197億5,500万円(前期比42.2%増)、当期純利益148億9,400万円(前期比15.2%増)と大きく収益を伸ばしました。

資産価値の向上を図った上で売却する“心築”事業が好調。前期に取得した物件の賃貸収益が増加したほか、いちごオフィスリート・いちごホテルリートへの物件供給やリート以外の外部への物件売却などもあり、セグメント売上高921億4,300万円(前期比114.5%増)、セグメント利益162億1,300万円(前期比28.4%増)に。

クリーンエネルギーも売上高123億5,200万円(前期比658.4%増)、セグメント利益33億100万円(前期比918.9%増)と、この2つのセグメントが全体を牽引し、大幅な増収増益を達成した模様です。

次期は、売上高755億円、営業利益206億円、経常利益183億円、当期純利益135億円を見込んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です