社宅を改修、遮音性高めた賃貸マンションに

トーセイ株式会社が、賃貸マンション「T-Rhythmic(ティーリズミック)草加」の完成を発表

・使われなくなった社宅をバリューアップし賃貸マンションに

・遮音性を高め、音楽愛好者をターゲットに

・食堂をパーティールームに改装、入居者同士が交流できる場を設置

 

トーセイ株式会社は、企業の社宅を購入しバリューアップした賃貸マンション「T-Rhythmic(ティーリズミック)草加」(埼玉県草加市、総戸数52戸)の完成を発表しました。

既存建物を有効活用する再生事業に注力しているトーセイが、使用されなくなった社宅を購入し、入居者に喜ばれる「コンセプト型賃貸マンション」へバリューアップ。

「T-Rhythmic草加」では、ワンルームの24室の遮音性を高めることで音楽愛好者向けの賃貸マンションとしました。

立地は東武鉄道伊勢崎線「独協大学前<草加松原>」駅徒歩10分。

鉄筋コンクリート造6階建て。1994年の竣工物件。

防音のため、床や壁、天井の素材を防音マットや吸音版、グラスウールなどの素材に変更。一部には二重壁を採用しました。窓は遮音性の高い「T-3サッシ」に変更。玄関と居室までの間に室内ドアを新設するなど部屋の全方向から遮音工事を施すことで、隣室の音響機器による騒音をささやき声程度まで軽減したとのことです。

食堂として使用されていたフロアをパーティールームとして開放することで、入居者同士が交流できる場も設けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です