二子玉川のショッピングセンター、売上・来客数が過去最高に

「二子玉川ライズショッピングセンター」の2016年度の来場者数・売上が過去最高を記録

・2010年のグランドオープン以来過去最高を記録

・売上は、403億9,000円(前年度比4.8%増)、来場者数は3,121万人(前年度比1.1%増)に

・「109シネマズ二子玉川」や「二子玉川 蔦屋家電」の集客力と多彩なイベントが要因

 

もともと人気の高い土地である二子玉川ですが、近年開発が進んでおり、さらに訪れる人が増えているようです。

東京急行電鉄と東急不動産は、商業施設「二子玉川ライズショッピングセンター」(東京都世田谷区)の2016年度の来場者数・売上が、10年のグランドオープン以来過去最高を記録したと発表しました。

売上は、403億9,000円(前年度比4.8%増)。来場者数は3,121万人(前年度比1.1%増)でした。

好調の要因は、施設の核テナントであるシネマコンプレックス「109シネマズ二子玉川」や「二子玉川 蔦屋家電」による集客や、消防の大規模演習など、地域・行政との取り組みも含めた多彩なイベントの開催などが挙げられています。

今後も、ゴールデンウィークから夏にかけて多彩なイベントを開催していく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です