明和地所、日本橋と横須賀で分譲マンション発売

明和地所が「クリオ日本橋久松町」「クリオ横須賀中央」の販売を開始

・「クリオ日本橋久松町」は50.18~70.40㎡で5,742万1,000~7,878万4,000円

・「クリオ横須賀中央」は33.89~72.52㎡で2,876万4,000~5,298万1,000円。

・「クリオ横須賀中央」には防災倉庫を備える予定

 

明和地所が、分譲マンション「クリオ日本橋久松町」(東京都中央区、総戸数37戸)と「クリオ横須賀中央」(神奈川県横須賀市、総戸数71戸)の販売を開始しました。

「クリオ日本橋久松町」は都営浅草線「東日本橋」駅徒歩3分、都営新宿線「馬喰横山」駅徒歩3分など11駅7路線の利用が可能。

鉄筋コンクリート造地上13階建て。外観および共用部は、日本橋の伝統や美意識を意匠の中に取り入れて計画したとのこと。

1フロア3戸とし、採光と通風に優れた全戸角住戸とした。また、居住者でシェアできるレンタサイクル3台を設置する他、メールボックス一体型宅配ボックスを採用しています。

専有面積は50.18~70.40㎡、間取りは1LDK~2LDK+S。第1期販売戸数は7戸で、販売価格は5,742万1,000~7,878万4,000円。

竣工は2019年1月中旬の予定です。

 

「クリオ横須賀中央」は京浜急行本線「横須賀中央」駅徒歩5分。

「横須賀中央」駅前のメインストリート「中央通り」沿いに位置し、防犯性の向上やまちの魅力創出を目指す再生計画エリアとななります。

鉄筋コンクリート造地上15階地下1階建て。パーティを開くこともできるキッチンを備えたラウンジ(集会室)を設置する他、防災倉庫を完備する予定。

専有面積は33.89~72.52㎡。間取りは1LDK~3LDK。第1期販売戸数は20戸で、販売価格は2,876万4,000~5,298万1,000円。

竣工は2019年8月中旬の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です