JREIT資産総額、過去最大に

東急不動産が「TOREIT四半期報告」を発表

・「TOREIT四半期報告」は、JREIT上場全投資法人の開示情報をデータベース化したもの

・JREIT資産規模は、取得金額ベースで15兆9,902億円で過去最大に

・利回りは平均5.0%と過去最低

 

東急不動産は19日、「TOREIT四半期報告」(2017年4月)を発表しました。

これは、JREIT上場全投資法人の開示情報をデータベース化し、四半期ごとに調査・分析しているものです。

2017年3月末時点の投資法人数は58投資法人(前期末比1投資法人増)となりました。

JREIT資産規模は、物件数3,539物件(前期末比54件増)。総資産額は、取得金額ベースで15兆9,902億円(前期末比5,166億円増)、鑑定評価ベースで17兆4,212億円(前期末比6,085億円増)と、いずれも過去最大となりました。

期中の取得物件数は72件(前期末比1件減)、取得金額は4,706億円(前期末比628億円増)。売却物件数は22件(前期末比9県増)、売却金額は684億円(前期末比198億円増)。

取得時鑑定キャップレートは、平均4.6%(前期末比0.1ポイント低下)でした。

ただし、運用時NOI利回りは平均5.0%と、過去最低水準が変わりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です