三菱地所、2017年3月期決算

三菱地所が、2017年3月期決算(連結)を発表

・営業収益1兆1,254億500万円(前期比11.5%増)、営業利益1,924億9,500万円(前期比15.8%増)と増収増益。売上、利益が過去最高に

・ビル事業、住宅事業で大きく収益を伸ばす

・生活産業不動産事業は増収減益、海外事業は減収増益

(三菱地所 大手町ビル)

 

三菱地所が、2017年3月期決算(連結)を発表しました。

当期(2016年4月1日~2017年3月31日)は、営業収益1兆1,254億500万円(前期比11.5%増)、営業利益1,924億9,500万円(前期比15.8%増)、経常利益1,698億5,100万円(前期比17.3%増)、当期純利益1,026億8,100万円(前期比23.1%増)と増収増益。売上、利益が過去最高に。

ビル事業では、大手町フィナンシャルシティ グランキューブと宿泊施設棟の収益寄与により建物賃貸収益が増収となり、営業収益4,842億3,800万円(前期比14.6%増)、営業利益1,335億7,000万円(前期比22.6%増)に。

住宅事業は、売り上げ計上戸数は3,713戸と前期並みであったが、戸当たり販売単価がアップし、営業収益4,078億5,000万円(前期比18.1%増)、営業利益192億5,300万円(前期比6.7%増)と増収増益に。期末完成在庫は326戸(前期比138戸増)となったが、市場全体の問題ではないとしています。

生活産業不動産事業は、東京流通センターを連結したことなどにより増収となり、営業収益889億5,500万円(前期比2.7%増)、営業利益258億700万円(前期比0.2%減)。

海外事業は営業収益665億5,600万円(前期比12.4%減)、営業利益263億1,300万円(前期比35.4%増)。

次期は、営業収益1兆2,000億円、営業利益1,950億円、経常利益1,710億円、当期純利益1,080億円を見込んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です