旭化成不動産レジデンス、京成押上線「立石」駅前を再開発

「立石駅北口地区市街地再開発事業」が都市計画決定

・京成押上線「立石」駅北口を再開発、旭化成不動産レジデンスが参画

・建物の不燃・耐震化による防災性を向上

・エリアの西側に住宅(約600戸)および商業・公益施設を、東側に庁舎および商業・公益施設を建設

 

旭化成不動産レジデンスが参画する「立石駅北口地区市街地再開発事業」が、6日に都市計画決定されました。

同事業は、京成押上線「立石」駅北口に位置する約2.2haの再開発です。

2007年に準備組合が設立され、2008年に同社と首都圏不燃公社が事業協力者として選定されていました。

このエリアは狭い道路が多く、老朽建物が密集していることから、建物の不燃・耐震化による防災性を向上させることを目的としています。

また、商業の集積によるさらなる駅前の賑わい、区の広域行政拠点にふさわしいまちづくりを目指し、住民が集えるみどりの広場、交通広場による利便性の向上を予定しています。

エリアを2つに分けて再開発し、西街区には鉄筋コンクリート造地上36階地下2階建て、高さ約125mの住宅(約600戸)、および商業・公益施設を建設します。

東街区には鉄筋コンクリート造地上13階地下3階建て、高さ約75mの庁舎および商業・公益施設を建設する予定です。

立石駅北口地区は「葛飾区総合庁舎整備基本構想」において、総合庁舎整備の最優先候補地とされており、今後は権利者・行政との連携を深め、再開発組合設立に向けて活動を支援し、まちづくりに貢献していく考えとのことです。

着工は2019年度、竣工は2022年度の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です