マルチテナント型物流施設「GLP五霞」(茨城県猿島郡)が着工

グローバル・ロジスティック・プロパティーズが、マルチテナント型物流施設「GLP五霞」を着工

・グローバル・ロジスティック・プロパティーズとしては茨城で初のプロジェクト

・関東および東日本の広域配送向け物流拠点としての活用が可能

・一部エリアは冷蔵対応を想定した電力を確保、幅広い業種の物流ニーズに対応

グローバル・ロジスティック・プロパティーズが、マルチテナント型物流施設「GLP五霞」(茨城県猿島郡)を着工しました。

グローバル・ロジスティック・プロパティーズとしては茨城県で初のプロジェクトです。

開発予定地は、圏央道「五霞IC」と首都圏・北関東を結ぶ新4号国道に隣接しており、関東および東日本の広域配送向け物流拠点としての活用が可能になります。

敷地面積約8万5,000㎡、延床面積約14万㎡。鉄骨造地上3階建て。

1階は約4万3,000㎡、2・3階は約3万9,000㎡で、賃貸物流施設としては最大級の面積です。

各階に直接アクセスが可能な片車路形式のダブルランプウェイを採用し、垂直搬送機や将来的に貨物用エレベータの設置も想定しています。

一部エリアは冷蔵対応を想定した電力を確保し、幅広い業種の物流ニーズに対応していくとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です