高級温泉旅館「日光 ふふ」2019年秋開業へ

東武鉄道とヒューリックが日光に高級温泉旅館「日光 ふふ」の開業で合意

・世界遺産の日光の社寺近くのロケーション

・客室は全室 50 ㎡以上のスイートルーム仕様

・全客室に天然温泉の露天風呂を完備

 

日光といえば落ち着いた雰囲気の観光地として定番で、訪日観光客も多く訪れる場所です。

その栃木県日光市に、東武鉄道とヒューリックが高級温泉旅館「日光 ふふ」を2019年秋に開業することで合意しました。

計画地は 1914(大正 3)年に建築された「田母沢御用邸付属邸」の跡地で、1948(昭和 23)年に日光国立公園観光株式会社が払い下げを受け宿泊施設、博物館を運営していました。
1963(昭和 38)年に日光国立公園観光株式会社が東武鉄道傘下となり、1979(昭和 54)年に建物老朽化に伴い改築を経て、2006(平成 18)年まで日光田母沢ホテルとして利用されていました。

世界遺産である日光の社寺も近傍にあるロケーションとなっています。

「日光 ふふ」では、客室は全室 50 ㎡以上のスイートルーム仕様となり、全客室に天然温泉の露天風呂を完備します。
また、庭園を眺めながら食事のできるレストランや、バトラーサービスによる細やかなおもてなしを実現します。

開業は2019年秋を予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です