新卒学生向けに「選べるインターンシップ」開始

東京リバブルが、2019年度新卒向け「選べるインターンシップ」を7月より開始

・2019年度新卒学生向け

・「選べるインターンシップ」は、多様なプログラムの中から学生が興味のある内容を選び参加できる

・価格査定を体験「不動産売却編」、総合不動産流通業の「ビジネスカレッジ」、営業社員に1日同行「営業現場体験」など

 

最近は、リクルーティングの一環としてインターンシップを利用する企業も多くなっていますね。

東京リバブルでは、2019年度新卒学生向けに「選べるインターンシップ」を7月より開始すると発表しました。

「選べるインターンシップ」は、多様なプログラムの中から学生が興味のある内容を選び参加できるものとなっています。

(東急リバブルHPより)

内容としては、まず、事業・業務紹介のオリエンテーションを含む「不動産購入編」は参加必須となります。

それを受講した後、不動産の価格査定を体験できる「不動産売却編」、総合不動産流通業としての幅広い事業を知る「ビジネスカレッジ」、同社営業社員に1日同行し、接客、物件調査等を体感できる「営業現場体験」などから選んで参加することが可能となっています。

具体的な業務を経験することにより、学生自身に働く姿のイメージを持ってもらうほか、同社の社風や職場の雰囲気を体感することで入社後のギャップを最小限に軽減することが目的とのことです。

「営業現場体験」はエントリーシート提出後、審査を通過した学生のみが参加できるようになっています。

7月からインターンシップを開催することで、早期から就業体験の機会を提供すると同時に、早期に就職活動を始める学生に同社を知り、興味を持ってもらう機会とする狙いです。

プログラム内容は開催エリアにより異なるほか、開始後は順次学生の意見を取り入れ、プログラムに反映・更新する予定とのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です