野村総合研究所、「成長可能性都市ランキング」を発表

野村総合研究所が「成長可能性都市ランキング」を発表

・国内100都市の「産業創発力」および将来のポテンシャルを分析

・総合1位は東京23区、2位福岡市、3位京都市

・ポテンシャル1位は福岡市、2位鹿児島市、3位つくば市

 

野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾)が「成長可能性都市ランキング」を発表しました。

これは、都市圏の人口規模等を考慮して選定した国内100都市を対象に、今後の成長性を左右する「産業創発力」の現状、および将来のポテンシャルを分析したものです。

「産業創発力」は「多様性を受け入れる風土」「創業・イノベーションを促す取り組み」「多様な産業が根付く基盤」「人材の充実・多様性」「都市の暮らしやすさ」「都市の魅力」という6つの視点から、131の指標を用いて総合的に分析しています。

その結果、実績および将来のポテンシャルを含めた総合的な産業創発力が高いのは、東京23区、福岡市、京都市の順となりました。

実績とポテンシャルの差分で見た“伸びしろ”が大きいのは、福岡市、鹿児島市、つくば市の順でした。

(出典 野村総合研究所)

これらの都市は、今後わが国において自立して世界から外貨を獲得し、地域経済を牽引する“ローカルハブ”になる可能性を秘めた「成長可能性都市」であるとしています。

野村総合研究所は、各都市が、限られた国内市場を奪い合うのではなく、自らの強みを生かし、世界と結びついていくことで、日本全体として成長していくことが期待されると分析しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です