首都圏中古マンション成約件数、前年同月比3.6%増

東日本不動産流通機構が2017年7月度の首都圏不動産流通市場動向を発表

・中古マンション成約件数は3,304件で前年同月比3.6%増

・1㎡当たりの平均成約単価は49万4,800円、平均成約価格は3,160万円

・平均成約単価・平均成約価格いずれも55ヵ月連続の上昇

 

東日本不動産流通機構が2017年7月度の首都圏不動産流通市場動向を発表しました。

(東日本不動産流通機構HPより)

7月の首都圏中古(既存)マンション成約件数は3,304件で前年同月比3.6%増となり、6月に続いて前年
同月を上回っています。

東京都が1,722件(前年同月比8.2%増)。

埼玉県が391件(前年同月比2.1%増)と増加。

千葉県は402件(前年同月比3.4%減)。

神奈川県は789件(前年同月比1.3%減)と減少しています。

1㎡当たりの平均成約単価は49万4,800円(前年同月比4.5%上昇)、平均成約価格は3,160万円(前年同月比5.4%上昇)と、ともに55ヵ月連続の上昇となっています。

新規登録件数は1万6,040件(前年同月比0.8%減)。在庫件数は4万2,353件(前年同月比1.7%増)となり、26ヵ月連続で増加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です