大和ハウス工業、沖縄で新築分譲マンション開発

大和ハウス工業がレキオスと共同して沖縄で分譲マンション開発

・「那覇空港」より車で約15分、県外からの移住・セカンドハウス需要に応える

・ゴルフ場の紹介や予約等取り次ぎ、マリンスポーツのレンタル取次ぎ等を行ない、ホテルのようなリゾートライフを満喫

・販売価格は2,000万~7,000万円台を予定

 

大和ハウス工業がレキオスと共同で開発している新築分譲マンション「プレミスト豊崎シーアンドパークス」(沖縄県豊見城市、総戸数110戸)の概要を発表しました。

「プレミスト豊崎シーアンドパークス」は、「那覇空港」より車で約15分に立地。

鉄筋コンクリート造地上15階建て。専有面積は約49~約79㎡、1LDK~3LDK。

全体の4分の1を1LDK設定し、県外からの移住・セカンドハウス需要に応える方針。

県内の需要に対しては、3LDK住戸を全体の半数としています。

既存販売物件の居住者を対象に“沖縄県でのリゾートライフ”について調査した結果、セカンドハウスとしてマンションを所有している人の多くがゴルフやマリンスポーツを楽しんでいることが分かったとのこと。

そこで、同物件では、コンシェルジュによるサービス提供を導入。ゴルフ場の紹介や予約等取り次ぎ、マリンスポーツのレンタル取次ぎ等を行ないます。ホテルのようなリゾートライフを満喫できるよう、共用施設を充実させ、大人数でも楽しめるパーティルームやゲストルーム、入居者専用のスパルームのほかにケータリングサービスも提供します。

販売開始は10月上旬、入居は2019年3月下旬。販売価格は2,000万~7,000万円台を予定しています。

また、現地モデルルームのほかにサテライトオフィス「東京インフォメーションサロン」においてもVR(仮想現実)によるプレゼンテーションシステム実施します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です