日本ビルファンド投資法人、2017年6月期決算

日本ビルファンド投資法人が2017年6月期決算を発表

・オフィスに特化したJ-REITj法人

・営業収益364億900万円(前期比1.6%増)、営業利益151億1,300万円(前期比3.5%増)

・1口当たり分配金は9,129円(前期比262円増)

 

日本ビルファンド投資法人が、2017年6月期決算を発表しました。

日本ビルファンド投資法人は、三井不動産をメインスポンサーとするオフィス特化型J-REITです。

当期(2017年1月1日~6月30日)は、営業収益364億900万円(前期比1.6%増)、営業利益151億1,300万円(前期比3.5%増)、経常利益131億1,000万円(前期比4.7%増)、当期純利益131億900万円(前期比4.7%増)でした。

1口(8月31日9時現在582,000円)当たり分配金は9,129円(前期比262円増)でした。

期中、「アクア堂島東館」の一部持分の譲渡と、「興和西新橋ビルB棟」の持分追加取得を実施しました。

(「興和西新橋ビルB棟」)

期末時点での保有物件数は74物件、取得価格合計は1兆1,066億円になっています。期末のポートフォリオ全体の稼働率は98.8%。

次期は、営業収益366億400万円、営業利益148億9,600万円、経常利益130億500万円、当期純利益130億500万円、1口当たり分配金9,210円を見込んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です