リソルグループ、京都で3つのホテルを開業

「ホテルリソル」を京都エリアで3物件新規開業

・「くつろぎをデザインする」というコンセプトで全国10ヵ所で展開

・京都エリアでは初の出店

・「リビングロビー」、「シューズオフ(靴脱ぎ)スタイル」、「オリジナル快眠ベッド」などが特長

 

リソルグループは、ホテルブランド「ホテルリソル」を京都エリアにおいて3物件新規開業すると発表しました。

京都エリアで出店は初とのことです。

「ホテルリソル」シリーズは、北海道から九州まで全国10ヵ所で展開。“くつろぎをデザインする”という統一コンセプトのもと、「リビングロビー」、「シューズオフ(靴脱ぎ)スタイル」、「オリジナル快眠ベッド」などを取り入れた設計が特長で、京都のホテルにも採用する予定です。

 

・「ホテルリソル京都 河原町三条」(京都市中京区、全144室)

京阪本線「三条」駅徒歩4分、京阪京都線「河原町」駅徒歩6分。

ビジネス・観光に便利な立地で、若い人や女性の二人利用に最適なモダレットタイプ(ベッド1,400mm)が中心。開業は2018年6月予定。

 

・「ホテルリソル京都 四条室町」(京都市下京区、全106室)

市営地下鉄烏丸駅「四条」駅徒歩3分、阪急京都線「烏丸」駅徒歩4分。

地下リビングロビーとし、全室ツインタイプ。開業は2018年7月予定。

 

・「ホテルリソル京都 御池麩屋町(おいけふやちょう)」(京都市中京区、全182室)

市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅徒歩2分。

京都御所などの歴史散策やカフェ等の多いエリア。大浴場や中庭を備え、全室ツインタイプ。

開業は18年9月予定です。

(写真はホテルリソル名古屋のロビー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です