長谷工コーポレーション、学童保育施設を運営するウィズダムアカデミーと連携

長谷工コーポレーションがウィズダムアカデミーと連携

・ウィズダムアカデミーは学童保育施設等を運営

・賃貸マンション「ブランシエスタ王子」に内に、民間学童保育施設を解説へ

・3~12歳児を対象に学童保育と幼児保育などのサービスを提供

 

長谷工コーポレーションは、学童保育施設等を運営するウィズダムアカデミー(東京都豊島区、社長:鈴木良和氏)と連携し、2018年春に開設する賃貸マンション(「ブランシエスタ王子」(総戸数120戸))と介護付有料老人ホーム(「センチュリーシティ王子」リビング居室60戸、ケア居室30戸)の複合施設(東京都北区)内に、民間学童保育施設「ウィズダムアカデミー 王子校」を併設します。

複合施設は、JR「東十条」駅徒歩6分に立地。

鉄筋コンクリート造地上10階建て。

竣工は2018年2月末の予定です。

開設するウィズダムアカデミーは、3~12歳児を対象にアフタースクール(学童保育)とアフターキンダーガーデン(幼児保育)、習い事、送り迎え付き添いサービス、宿題サポートサービスなどを提供するとのことです。

また、賃貸マンションの子育て世代、介護付有料老人ホームの高齢者世代、学童保育施設に通う児童など多世代が集うパーティールームやラウンジを設置し、季節イベントやカルチャー教室など “多世代交流”を育む取り組みも開始する予定になっています。

今、子どもを預かってくれる場所を探すのはどの家庭も苦労していますが、受け皿となるこのような馬車が増えてくることがさらに望まれますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です