東京ミッドタウン日比谷、2018年3月にオープン

「東京ミッドタウン日比谷」が2018年3月29日グランドオープンに

・千代田区有楽町の再開発で35階建ての複合ビルを開発

・赤坂の「東京ミッドタウン」に続き今回が2物件目

・4~5階にはTOHOシネマズ日比谷が入り、都内最大級のシネマコンプレックスが誕生

 

三井不動産は、開発を進めてきた「新日比谷プロジェクト」(東京都千代田区)の名称を「東京ミッドタウン日比谷」に決定しました。

千代田区有楽町に所在していた「三信ビルディング」「日比谷三井ビルディング」跡地の再開発。

地上35階地下4階建て。オフィス・商業などの複合ビルを建設します。

東京都港区赤坂の「東京ミッドタウン」に続き今回が2物件目となります。

6階にはベンチャーや大企業など多種多様な人材が集結する「日比谷ビジネス連携拠点」を開設。コミュニティ形成やビジネス支援・新産業創出を進めます。

9階には、「スカイガーデン」を設け、リフレッシュ場所や屋外ワークプレイスに活用できる空間を創出。

防災・BCP対策にも力を入れ、新世代制震装置の導入や帰宅困難者受け入れ機能を確保。

地上7階から地下1階までが商業フロアで、日本初出店5店舗、商業施設初出店14店舗など、計60店舗を出店。

4~5階にはTOHOシネマズ日比谷が入り、隣接する東京宝塚ビル内の2スクリーンと一体運営することで、都内最大級のシネマコンプレックスが誕生します。

6階には日比谷公園を一望できる緑豊かな空中庭園を設置すると共に、1階には日比谷エリアの賑わいの中心となる広場空間を設置します。

2018年2月1日の竣工、3月29日グランドオープンの予定となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です