東急電鉄、渋谷にスモールオフィス

東急電鉄が中古ビルをコンバージョンし、スモールオフィス賃貸事業を開始と発表

・第1号物件は複合ビル「SHIBUYA Cherry Garden」(東京都渋谷区)

・「渋谷」駅徒歩5分、鉄骨鉄筋コンクリート造地上11階地下1階建て

・クリエイター向けのスモールオフィス、サービスアパートメント等

 

東急電鉄は、中古ビルをコンバージョンした、スモールオフィス賃貸事業を開始すると発表しました。

第1号物件として、スモールオフィスやサービスアパートメントなどから成る複合ビル「SHIBUYA Cherry Garden」(東京都渋谷区)を11月にオープンします。

「SHIBUYA Cherry Garden」は、JRなど「渋谷」駅から徒歩5分。

鉄骨鉄筋コンクリート造地上11階地下1階建て。

築36年の中古マンションを東急電鉄が購入、クリエイターズオフィスを展開するリアルゲイト(東京都港区、代表取締役:岩本 裕氏)と連携し、国内外のクリエイター向けのスモールオフィス、サービスアパートメント等を組み合わせた 「PORTAL Apartment & Art POINT」を核としたビルとして改修します。

事務所30区画、サービスアパートメント(家具付き)12区画、レジデンス(家具なし)18区画を計画。

ロビーラウンジ、ミーティングルーム、ルーフトップを配置するほか、地域に開かれたオープンスペースを設置し、地域との交流も促進します。

サービスアパートメントのうち2部屋は、株式会社ビームスとの連携により、「アーティストインレジデンス」として運用し、ビームスが招聘したアーティストが実際にその部屋で暮らし、部屋の壁面などに数ヵ月をかけて作品を制作するとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です