秋葉原に新たにカプセルホテル開業へ

株式会社マリモが秋葉原でカプセルホテル開業へ

・運営はバグース、新業態1号店

・名称は「GLANSIT AKIHABARA~CONFORT CAPSULE HOTEL」に決定

・男性用、女性用の大浴場とラウンジを備えたカプセルホテルに

 

以前お伝えした、バグースの秋葉原でのカプセルホテルですが、開発を手がける株式会社マリモが、秋葉原で開発していたカプセルホテルの概要を公表しました。

名称は、「GLANSIT AKIHABARA~CONFORT CAPSULE HOTEL」(総床数128床)。

カラオケ店やインターネットカフェ運営を手掛けるバグースの新業態1号店として10月17日に開業する。

JR「秋葉原」駅より徒歩3分、建物は鉄骨造地上10階地下1階建て。

地下に男性用、最上階に女性用の大浴場とラウンジを設置。

2~9階は客室とロッカールームとなります。

2014年に発足した株式会社マリモの投資マネジメント事業部が手掛け、マネジメントも受託します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です