大和地所レジデンス、大宮で分譲マンション販売開始へ

大和地所レジデンスが「ヴェレーナグラン大宮大門町 瑞景」を10月から販売

・「大宮」駅徒歩5分、13階建て、全戸3LDK、総戸数45戸

・販売価格は未定

・竣工は2019年1月、入居は3月からの予定

 

大和地所レジデンスが9月16日、「ヴェレーナグラン大宮大門町 瑞景」(さいたま市大宮区、総戸数45戸)のモデルルームをオープンしました。

「ヴェレーナグラン大宮大門町 瑞景」は、JR京浜東北線等「大宮」駅より徒歩5分。

鉄筋コンクリート造地上13階建て。間取りは、全戸3LDK(60.60~83.82㎡)。

デザインのコンセプトは、ヨーロッパの歴史建築と平安時代から続く大宮区大門町の歴史の融合。

外観はヨーロッパの古典建築手法をベースにコーナーサッシを使用。内部ラウンジは、縁側のある広間をモチーフに照明やカーペットに和のモチーフを取り入れています。

また、最上階は、1戸のみのプレミアム住戸となっています。

住戸内の廊下とトイレの床はタイル貼りとし、キッチン天板、洗面化粧台、トイレ内カウンター、下足入カウンターに天然御影石を採用することで高級感を演出。全戸のバルコニーにスロップシンクを採用し、自宅で気軽にガーデニングを楽しむことができるとのことです。

販売開始は2017年10月上旬、販売戸数・販売価格は未定となっています。

竣工は2019年1月、入居時期は3月を予定しています。

広さが60.60~83.82㎡あり、全戸3LDKというのは、ファミリー層にとって魅力的ですね。販売価格がきになるところです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です