ミサワホーム、宅配ボックス内蔵玄関ドアを発売

ミサワホームが宅配ボックスを内蔵できる玄関ドア「CONSIGNEE DOOR(コンサイニードア)」を発売へ

・玄関ドア本体に郵便ポストと、宅配ボックスを内蔵

・建物プランの制約を受けずに設置できる点が特徴

・併せて大型宅配物の受け取りニーズに対応する「宅配スペースドア」も発売

 

ミサワホームが、宅配ボックスを内蔵できる玄関ドア「CONSIGNEE DOOR(コンサイニードア)」を10月より発売開始します。

「CONSIGNEE DOOR」は、玄関ドア本体に郵便ポストと、宅配ボックス(幅505mm、高さ360mm、奥行き130mm)を内蔵する商品です。

建物プランの制約を受けずに設置できる点が特徴で、郵便ポストに加え最大2つの宅配ボックスを設置できるようになります。

また、併せて、大型荷物対応の荷受用外部収納「宅配スペースドア」の運用も同じく10月より開始するとのことです。

「宅配スペースドア」は、ゴルフバックやスキー用品等の大型宅配物の受け取りニーズに対応する外部収納です。

ドアに、暗証番号錠を取り付けることで、荷受け機能を付加するものとなっています。

再配達の必要がなくなる方法を各メーカーが開発している昨今ですが、玄関ドアと一体化したものは見栄えもコンパクトで需要が増えそうですね。

ただ、外観からではボックスがあると配達員の方に気付いてもらえないかもしれないので、アナウンスが必要かもしれませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です