大阪にIoTを活用したファミリー向けホテルがオープン

大阪市内にIoT活用のファミリー向けホテル「Minn(ミン)your second home」がオープン

・「IoTの活用」を軸とし、徹底的に省人化

・スマートロックを活用し、宿泊者のセルフチェックインを実現

・宿泊客は、市内と国際通話、インターネットが無料

 

株式会社SQUEEZE (本社:東京都港区、代表取締役:舘林 真一)が、IoTを活用した宿泊特化型ファミリー向けホテル「Minn(ミン)your second home」を大阪市内に2017年9月15日にグランドオープンしました。

この名称については、ミニマル(minimal)なオペレーション体制と宿泊施設を意味する「inn」、「家族みんな」で泊まれる部屋から着想を得て、『Minn』と名付けられたそうです。

労働力不足が叫ばれる宿泊業界において、「IoTの活用」を軸とし、徹底的に省人化された運営体制を提案していくとしています。

集客については、従来のホテル集客では、OTA(オンライン旅行会社)サイトのみでしか予約の管理ができませんでしたが、「mister suite」のシステムを用いることによって、民泊仲介サイトとOTAサイト両方への掲載と、その予約管理を行うことが可能になります。これにより多くの旅行者にリーチし、高い集客力を見込むことができます。

また、全ての予約に対し、クレジットカード決済を事前に完了することで、キャンセルリスクを低減するとともに、フロントでの宿泊料金の支払い手続きを削減します。さらに、スマートロックを活用することで、宿泊者のセルフチェックインを実現し、フロントでのチェックイン業務を削減しています。

そして「Handy」の提供により、宿泊客は、市内と国際通話、インターネットが無料で利用できるようになっています。

海外からの宿泊客には嬉しいサービスになっていますね。

またIotの活用が進めば、削減できたコスト分を宿泊料やサービスに還元できますので、ありがたいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です