八丁堀「エンパイヤビル」の建て替えが完了

建て替えが進んでいた八丁堀の「エンパイヤビル」が竣工

・東京建物とエンパイヤ自動車の共同所有

・エンパイヤ自動車が一部を本社として使用

・その他オフィスフロアは、ワンフロア約323坪を有し、企業のニーズに柔軟に対応

 

東京建物とエンパイヤ自動車が開発を進めていた「エンパイヤビル」(東京都中央区)が竣工しました。

東京建物とエンパイヤ自動車の共同所有となり、エンパイヤ自動車が一部を本社として使用、それ以外を東京建物が賃借して賃貸管理します。

この事業は、ビルの老朽化に伴う建替事業として進められてきました。

東京メトロ「八丁堀」駅徒歩1分、JR「東京」駅から徒歩12分に位置。

交通利便性の高さが特長です。

建物は鉄骨造鉄筋コンクリート造一部鉄骨鉄筋コンクリート造地上10階地下1階塔屋1階建となっており、高さは約48m。

1階が店舗で、2~9階がオフィスとなります。

オフィスフロアは、ワンフロア約323坪の整形無柱空間とし、企業のニーズに柔軟に対応していくとのことです。

建築基準法の約1.5倍相当の耐震性能を確保。最大72時間運転可能な非常用発電機、テナント用非常用発電機などを設置し、災害時への備えとしています。

八丁堀周辺は、老朽化の進んでいるビルも多くありますので、これから建て替え等が進められ、街として生まれ変わっていきそうですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です