日本土地建物、本郷三丁目で分譲マンション開発

「バウス本郷三丁目」のモデルルームがオープン

・「本郷三丁目」駅から徒歩7分

・専有面積は約44~80㎡。間取りは1LDK~3LDK。

・災害時への備えに全戸に防災倉庫を設置

 

日本土地建物が、分譲マンション「バウス本郷三丁目」(東京都文京区、総戸数36戸)のモデルルームをオープンしました。

「バウス本郷三丁目」は、都営大江戸線「本郷三丁目」駅徒歩7分、東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」駅徒歩8分に立地。

鉄筋コンクリート造地上10階建て。

全戸を角部屋として、キッチンや浴室にも窓を設置。採光と通風に優れた仕様としています。

間取りは、1LDK、2LDK、3LDKプランを計画しています。また、ホテルライクな内廊下の玄関前にはポーチを設け、全戸に防災倉庫を設置しています。

専有面積は約44~80㎡。間取りは1LDK~3LDK。

竣工は2018年10月上旬、引渡しは同月下旬の予定です。

本郷三丁目といえば東京大学の最寄駅ですが、「孟母三遷」の教えに倣うならば、このような環境で子育てをしてみるのも良いのではないでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です