日神不動産が有料老人ホーム開発事業に参入

日神不動産、高級老人ホームの開発事業に参入

・初弾は渋谷区の初台で、すでに土地を購入済み

・2棟目の土地購入も決定

・グループの連結業績に対して与える影響は軽微との見込み

 

日神不動産株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤哲夫)は、グループ会社の日神管財株
式会社にて高級老人ホームの開発事業に参入します。

東京 23 区内に老人ホーム開発を目的とした土地を購入し、建設後は専門の運営会社に運営を委託する予
定です。

既に渋谷区初台の土地を購入し 2018 年度中に運営委託を開始する予定であり、2棟目の土地購入も決定しているとのことです。

なお、この参入が日神不動産グループの連結業績に対して与える影響は軽微との見込みを発表しています。

初弾の施設概要は、渋谷区初台 で開設予定 2018 年度中 、敷地面積 858.76 ㎡ 延床面積 1,812.88 ㎡ 、鉄筋コンクリート造、地上3階地下1階建 です。

(初台ホーム完成イメージ)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です