三井不動産、バンコクで新たに7つの分譲住宅事業

タイ、バンコクで新たに7つの分譲住宅事業に参画

・新規7プロジェクト(計約5,700戸)に参画

・現地法人 MITSUI FUDOSAN ASIA を設立

・タイでの分譲住宅の実績は、計20物件(約16,000戸)に

 

三井不動産株式会社は、三井不動産レジデンシャル株式会社との共同出資会社「MITSUI FUDOSAN (ASIA) PTE. LTD.」(三井不動産アジア株式会社、所在地:シンガポール)および「MITSUI FUDOSAN ASIA(THAILAND)Co.,Ltd.」(タイ三井不動産株式会社、所在地:タイ)を通じてタイの住宅デベロッパー「アナンダ社」と連携、新たに5物件(計約3,900戸)の分譲住宅につき2017年6月より販売を開始しました。

また、新たに2物件に事業参画し、計7物件の参画をもって、バンコクでの分譲住宅事業は合計20物件、戸数は約16,000戸となっています。

また、国内で培った住宅開発・マーケティングなどのノウハウを活かし、安定・継続的に事業拡大することを目的に、「MITSUI FUDOSAN ASIA (THAILAND) Co.,Ltd.」を設立しました。

2017年11月には、アナンダ社に非常勤取締役を派遣し、パートナー関係をより一層強化するとしています。

この度新たに事業参画を決定した7物件は、バンコク中心部ヴィクトリーモニュメント地区、ラマ9世地区、トンロー地区、バンコク南東部ウドムスク地区、バンコク北東部ラムカムヘン地区、バンコク北部チャトチャック地区に位置し、いずれも住宅地として評価の高いエリアに所在。

「Ideo Q Victory」39階建348戸、「Ashton Asoke-Rama 9」41階建593戸など、計約5,700戸の大規模分譲開発となっています。

海外事業を成長分野の一つに位置付け、東南アジアにおける住宅開発ではシンガポールの40年に渡る開発に加え、タイ(20物件)、マレーシア(3物件)、インドネシア(2物件)、フィリピン(1物件)の事業に参画しています。

今後も、住宅需要および拡大する消費を積極的に取り込み、現地に貢献しながら早期に利益を拡大すべく、東南アジアでの事業を積極的に推進していくとしています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です