野村不動産、仙台市のタワーマンションが竣工

仙台市の免震タワーマンションが竣工

・野村不動産と株式会社ワールドアイシティが開発の免震タワーマンション

・住戸は専有面積71.73~101.23㎡、間取りは3LDK、4LDK

・第4期販売を12月中旬に開始予定、販売戸数や価格は未定

 

野村不動産と株式会社ワールドアイシティは、タワーマンション「ONE PARK RESIDENTIAL TOWERS(ワンパークレジデンシャルタワーズ)」(仙台市太白区、総戸数345戸)を竣工したと発表しました。

「ONE PARK RESIDENTIAL TOWERS」は、JR東北線・仙台空港アクセス線「長町」駅徒歩7分、仙台市地下鉄南北線「長町」駅徒歩8分。

「仙台」駅から4km圏内にある旧国鉄の貨物ヤード跡地の区画整理された約82haに及ぶ「あすと長町」エリアに位置。「あすと長町」エリアでは2007年に新駅「太子堂」駅が開設され、大規模商業施設や医療施設が誘致されているほか、約1万7,000平方メートルい及ぶ大型公園「あすと長町中央公園」が整備されており、同物件は公園に隣接しています。

鉄筋コンクリート造地上24階建てで、中間層免震構造を採用。共用部にはコミュニティラウンジやゲストルームを設けました。

住戸は専有面積71.73~101.23㎡、間取りは3LDK、4LDK。

2016年4月から販売を開始し、297戸が契約済み。

第4期販売を12月中旬に開始する予定で、販売戸数や価格は未定となっています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です