10月の中古マンション成約件数7.1%減少

東日本レインズが2017年10月度の首都圏不動産流通市場動向を発表

・中古マンション成約件数は3,103件で前年同月比7.1%減少

・平米単価は50万1,600円と前年同月比3.3%上昇

・新規登録件数、在庫件数はともに前年同月を上回る

 

東日本不動産流通機構(東日本レインズ)が、2017年10月度の首都圏不動産流通市場動向を発表しました。

(東日本レインズHPより)

10月の首都圏中古(既存)マンション成約件数は3,103件(前年同月比7.1%減)と再び減少しました。

都県別では、東京都1,586件(前年同月比5.8%減)、埼玉県345件(前年同月比15.9%減)、千葉県410件(前年同月比4.6%増)、神奈川県762件(前年同月比10.8%減)と千葉県を除き前年を下回っています。

1㎡当たりの平均成約単価は50万1,600円(前年同月比3.3%上昇)、平均成約価格は3,209万円(前年同月比2.3%上昇)と、共に2013年1月以来58ヵ月連続上昇となっています。

新規登録件数は1万7,391件(前年同月比0.5%増)と2ヵ月連続で前年同月を上回りました。

在庫件数は4万4,619件(前年同月比4.2%増)となり、2015年6月以来29ヵ月連続で増加しています。

なお、中古戸建ての成約件数は1,086件(前年同月比5.6%減)。平均成約価格は3,105万円(前年同月比1.5%上昇)となりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です