三菱地所、オーストラリアで初の住宅事業に参入

三菱地所がオーストラリアのメルボルンの開発事業に参画

・現地のレンドリース社と共同開発

・三菱地所グループとして、オーストラリアで初の住宅事業

・地上 44 階建、住宅総戸数 719 戸の大規模住宅開発事業

 

三菱地所及び三菱地所レジデンスは、2017 年 11 月 24 日にオーストラリアの不動産・建設会社である Lendlease(レンドリース社)と共同で、メルボルン中心部における、地上 44 階建、総戸数 719 戸の大型タワーマンション開発事業「Melbourne Quarter East Tower(メルボルンクォーターイーストタワー)」に参画することに合意したと発表しました。

三菱地所グループとして、オーストラリアで初の住宅事業となるとのことです。

今回のプロジェクトは、オフィス 3 棟、住宅 3 棟の大規模複合開発「Melbourne Quarter」プロジェクトの住宅第一弾案件で、地上 44 階建、住宅総戸数 719 戸の大規模住宅開発事業です。

オーストラリア・メルボルンは、居住人口が約 440 万人ですが、現在も毎年約 10 万人のペースで人口が
増えており住宅ニーズが高まっており、計画地はメルボルン中心部の南西に位置し、主要なターミナル駅である「サザンクロス」駅至近で高い交通利便性を誇る場所となっています。

(三菱地所HPより)

今回、参画する「Melbourne Quarter East Tower」は、大規模複合再開発である「Melbourne Quarter」計画の一画における住宅開発事業で、2017 年 11 月末に着工し、2020 年の竣工予定となっています。

事業シェアは、Lendlease 社 50%、三菱地所グループ 50%。
オーストラリア ビクトリア州 メルボルン市「サザンクロス」駅から徒歩約 1 分に立地する地上 44 階建、住宅総戸数 719 戸(その他店舗 2 区画有り)、専有面積は約 50 ㎡~約 119 ㎡となっています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です