京成小岩の投資用賃貸マンションが竣工

京成小岩に「Fusion北小岩Optima」が竣工

・レスコハウスとフュージョン資産マネジメントによる、初の共同事業

・地上3階建て、総戸数9戸のコンパクトタイプ

・入居者を確保したうえでフュージョン資産マネジメントが収益不動産として再販する予定

 

桧家ホールディングスの子会社で、首都圏を中心に鉄筋コンクリート住宅を販売するレスコハウスと資産形成のサポートを行なうフュージョン資産マネジメントによる、初の共同事業での賃貸マンション「Fusion北小岩Optima」(東京都江戸川区、総戸数9戸)が、27日に竣工しました。

今回の事業は、フュージョン資産マネジメントが土地の仕入れを行ない、一般的にコストが高く工期が長いといわれる鉄筋コンクリート造賃貸マンションを安価かつ約1ヵ月と短い工期で建築できるレスコハウスが施工を担当。

入居者を確保したうえでフュージョン資産マネジメントが収益不動産として再販するというモデルとなっています。事業資金を両社で折半し、リスクを分散することで安定性を高めた不動産開発を可能としました。

鉄筋コンクリート造地上3階建て。

京成本線「京成小岩」駅徒歩7分に立地。

今後も収益の見込めるマンション用地の仕入れに注力し、積極的に事業展開していく方針とのことです。

総戸数が9戸のコンパクトタイプですので、1棟モノで収益を上げたいと考えている人には手を出しやすいものになっていますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です