ソフトバンクと日建設計が業務提携

ソフトバンクと日建設計が次世代スマートビルディングの設計開発で業務提携

・Iotやロボットなどを活用

・共同実証実験を順次開始する予定

・ビルの周辺環境も含めたスマートシティづくりを目指す

 

ソフトバンクと日建設計がIotやロボットなどを活用した次世代スマートビルディングの設計開発などを共同で行うことを目的とした業務提携に合意したと発表しました。

この提携に基づき、両社で具体的なフィールドを選定し、共同実証実験を順次開始するとしています。

共同実証実験の概要としては、環境センサーや人感センサーなどの各種Iotセンサーを使用し、両社が持つ人流・群流データを解析、働き方を改革する新たなワークプレイスをデザイン、Iotセンサーとロボットを融合した新たなビルソリューションを共同で検討、ビルの周辺環境も含めたスマートシティづくりを目指すとしています。

また、Iotセンサーが収集するデータを解析し、消費電力、設備管理、清掃、警備などのライフサイクルコストを最適化するソリューションを開発するとのことです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です