不動産仲介会社向けLINEを使った物件確認サービス

日本財託、仲介会社向けにLINEを使った物件確認新サービス

・24時間365日物件確認が可能に

・日本財託管理サービスのLINEアカウントに「お友達登録」することで利用可能

・物件の募集状況は10分おきにアップデートされ、常に最新の情報を入手できる

 

日本財託が、仲介会社がLINEを使って24時間365日物件確認できるサービスを開始しました。

仲介会社担当者の幅広いニーズに応えることで、空室の解消につなげていく狙いです。

今回のLINEの機能を活用した物件確認サービスでは、仲介会社担当者が、日本財託管理サービスのLINEアカウントに「お友達登録」することで、物件の募集状況や条件を確認することが可能になります。

トーク画面で個別の物件名や、エリア名を入力すると、即時で現在募集中の物件名を返信。タップすることで、さらに詳細な情報を入手することが可能です。

物件の募集状況は、10分おきにアップデートされ、常に最新の情報を入手することが可能となっています。

併せて、自動音声応答で物件確認を行うサービスも開始。専用ダイヤルに受電した通話で、仲介会社担当
者が伝えた物件名を音声認識し、募集状況や条件についてアナウンスします。

日本財託では、昨年11月に仲介会社向けの専門コールセンターを秋田に設置し、物件確認や内見を受け付けており、LINEと自動音声応答によるサービスを拡大することで、コールセンターの営業時間外にも24時間365日の受付体制を実現したとのことです。

このようなサービスが普及すれば、もう夜遅いので物件確認ができないという問題は解消されそうですが、人気物件などについては仲介会社の営業マンにとってはさらなるスピード対応が要求されるようになりそうですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です