積水化学工業、「ムスメ視点」でのリフォーム提案へ

積水化学工業、新たなリフォーム提案 『ムスメの気持ち』を全国で展開へ

・「ムスメの気持ち」視点からのシニア世代リフォームを提案

・オープンLDK・趣味空間の提案

・孫との交流・水まわりへの工夫の提案

 

積水化学工業株式会社住宅カンパニーが、新たなリフォーム提案 『ムスメの気持ち』を、12月2日より、全国(沖縄を除く)のリフォーム事業の拠点で展開を開始します。

積水化学工業株式会社住宅カンパニーのリフォーム事業は、セキスイハイム、ツーユーホームの入居者を中心に、オリジナルリフォーム商品の開発や提案を行い、販売しています。

今回のリフォーム提案『ムスメの気持ち』は、セキスイハイムグループの女性社員 1,000 名以上から寄せられた声をもとに、プロジェクトチームが娘の立場に立って、両親の住む実家のリフォームとして考えたものとのこと。

シニア世代がより快適に楽しくイキイキ暮らすための改装提案により、ニーズの掘り起しを図り、シニア向けリフォームを強化することをねらいとしています。

住まいの代替わりに関する調査では、相続・譲受した住まいが「よく手入れ・メンテナンスされている」
にあてはまる家は、あてはまらない家と比較すると空き家となる割合が1/3となり、相続・譲受後も住み続けている割合が高い事が分かりました。このことから、シニア世代へのリフォーム提案は結果的に空き家を減らす一つの策となると考えているとのことです。

具体的には、「いつも人が集まる広々リビング」「好きなことに打ち込める趣味コーナー」「夫婦二人で料理ができるオープンキッチン」などオープンLDK・趣味空間の提案。

また、「孫と祖父母の交流室」「片付けの負担をかけないで泊まれる寝室」「水まわりをはじめ、フロア全体を暖める空調設備の導入」などの改装を提案していく模様です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です