AIを活用した住宅販売マーケティングツールの開発に着手

AI活用のマーケティングツール「AIM(AI Marketer for Real Estate Sales)」を開発へ

・イー・ステート・オンライン、北海道大学大学院、AI TOKYO LAB が共同で開発

・蓄積してきた顧客データや物件データなどに AI を活用

・興味の度合いを見える化するとともに、顧客の反響データを付加してラーニング。最適なコンテンツを最適なタイミングで提示することが可能に

 

株式会社イー・ステート・オンライン、北海道大学大学院情報科学研究科 調和系工学研究室(教授:川村 秀憲)、AI TOKYO LAB 株式会社が共同で、AI(人工知能)を活用した、住宅販売におけるマーケティングツールの開発に着手しました。

住宅の検討、購入において、顧客の潜在的、顕在的な要望を把握した上で、物件の魅力を適切に伝えることは重要ですが、個々のニーズの多様化、細分化は加速しており、従来の対応では、最適なアプローチを行うことは困難になってきています。

東京建物グループのインターネット事業を担うイー・ステート・オンラインは、蓄積してきた顧客データや物件データなどに AI を活用することで、それぞれの興味・関心を分類し、適切なアプローチを自動で行うマーケティングツール「AI Marketer for Real Estate Sales」(以下、「AIM」と呼ぶ)の開発に着手しました。

AIM は、膨大なデータを AIが分析し、自動で興味の度合いを見える化するとともに、顧客の反響データを付加してラーニングし続けることで、興味の度合いを推測する精度を高めていくとしています。

また、興味度の高い顧客を抽出し、各営業チャネルに連携することで、最適なコンテンツを最適なタイミングで提示することが可能になるとのこと。

将来的には、人口統計データや、景気変動データ、WEB 上の広告への接触履歴なども取り入れることで、さらに多角的な分析を行い、機能を強化していく予定です。

まずは、東京建物や取引先各社へ AIM の導入を提案し、満足度の向上を推進するとともに、東京建物の分譲マンションブランドである「Brillia」の販売促進や住宅販売における業務の効率化に寄与することを目指していく予定です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です