東武東上線「大山」駅、「Brillia 大山 Park Front」が第1期分即日完売

「Brillia 大山 Park Front」(ブリリア大山パークフロント)第1期62戸即日登録完売

・東武東上線「大山」駅徒歩 7 分、池袋へ直通 5 分

・働く女性が提案する住まいの共創プロジェクト「Bloomoi(ブルーモワ)」が参画

・「理想のリビング」から生まれた「L 型ソファ」や「壁面収納」などを採用

 

東京建物は、東京都板橋区大山西町で開発しているマンション「ブリリア大山パークフロント」の第1期販売62戸が即日登録完売となったと発表しました。

「ブリリア大山パークフロント」は、働く女性が提案する住まいの共創プロジェクト「Bloomoi(ブルーモワ)」の参画により、同プロジェクトの企画商品を随所に採用しています。

本年8月のモデルルーム公開以降、約1,300件の問合せ、約400組の来場があり、第1期62戸を、平均倍率 1.3 倍、最高倍率4倍にて即日登録完売したとのことです。

登録者の居住区は、板橋区約54%、周辺区(豊島・練馬・北区)約30%。年齢層は30代が中心で40%、40代約25%、20代、50代が各 10%程度。家族構成は2人約42%、3人約35%、1人または4人が各10%程度
でした。

主な評価ポイントとしては、東武東上線「大山」駅徒歩 7 分、池袋へ直通 5 分の利便性と公園隣接の閑静な住宅地立地、豊富な住戸バリエーションと奥行き 2.4mのバルコニー、2重天井、2重床をはじめとする住戸構造やセキュリティ対策、ブルーモワ企画の細かな商品提案(ブルーモワライブラリー、ブルーモワポケットが共働き世帯から高評価を獲得)となりました。

「Bloomoi(ブルーモワ)」プロジェクトとは、販売商品が、働く女性の多様化する生活スタイルや商品ニーズに必ずしも応えきれていないのではないかと考え、2012年10月に、「働く女性のニーズを商品・サービスとして形にし、働く女性の幸せを住まいで実現するプロジェクト」として女性社員を中心に始動。

プロジェクトでは、Facebook やワークショップ等イベントを通じて、働く女性の悩みやニーズ、深層心理に触れ、対話を積み重ねながら、住宅のハード・ソフト両面において、共に考え、共に商品を創り出すこと=「共創」に挑戦しているとのことです。

「Brillia 大山 Park Front」では、Bloomoiメンバーと一般公募による10名の女性「Bloomoi Mates (ブルーモワメイツ)」がひとつのチームになり、それぞれのライフスタイルや価値観を共有しながら約 1 年間をかけて完成させた「理想のリビング」から生まれた企画商品を、実際の販売物件として初めて採用。

「Bloomoi Pocket(ブルーモワ・ポケット)」や 「Bloomoi Library(ブルーモワ・ライブラリー)」の他に、モデルルームインテリアでは「L 型ソファ」と「壁面収納」を表現しています。
また、既に他の Brillia でも採用実績が多数ある、ライフスタイルに合わせて選べる「キッチン」と「洗面化粧台」のセレクトも採用しています。

第2期の販売も楽しみですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です