オフィスビルをリノベーションしてホテルに/清澄白河

清澄白河にリノベーションホテル「LYURO 東京清澄」が3月オープン

・築28年のオフィスビルをリノベーションしてホテルとして開業

・ホテル「HATCHi金沢 -THE SHARE HOTELS‐」をトータルプロデュースする株式会社リビタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:都村智史)の2号店

・一泊15,000円より

 

ホテルというと元々ホテルとして建てられるもの、そういう固定観念を覆す「リノベーションホテル」が清澄白河にできました。

リビタは、東京都江東区清澄の隅田川沿いの水辺に、ホテル「LYURO 東京清澄-THE SHARE HOTELS-(リュウロ トウキョウキヨスミ ザ シェア ホテルズ)」を3月30日に開業すると発表しました。

2月21日より宿泊予約の受け付けを開始しています。

同社がトータルプロデュースする「THE SHARE HOTELS」の第2号店となります。

リビタはメディアなども度々取り上げられるリノベーション専門の会社です。

このホテルは、築28年のオフィスビルに用途変更を伴うリノベーションを施したリノベーションホテルで、半蔵門線「水天宮前」駅、大江戸線「清澄白河」駅からいずれも徒歩10分に位置。

鉄骨造の地上6階建てです。

客室は、個室タイプ4種23室(定員2~4名)を用意。18室あるリバービューの個室には、川を臨むバスルームを設置。ドミトリータイプは30ベッドを用意、部屋ごとに貸し切り利用が可能なため、1人旅行者からグループ旅行者まで幅広いニーズに対応しています。
リバービュー(個室タイプ)の料金(素泊まり)は、ダブル:1万8,000円~/部屋、スタンダード:2万2,000円~/部屋。

エコノミールームズ(個室タイプ)の料金は(同)、ダブル:1万5,000円~/部屋、クワッド:1万6,000円~/部屋。

シェアードルームズ(ドミトリータイプ、女性専用あり)の料金(同)は、3,600円~/ベッド。

となっています。

ドミトリータイプがあると外国人バックパッカーなどの需要が見込めそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です