リフォーム後の室内をVRゴーグルで確認できるサイトがスタート

「バーチャルリフォームルーム」でリフォーム後の室内デザインを確認

・大京グループのVRゴーグルを使ったサービス第2弾

・市販のVRゴーグルを装着し、サイトにアクセスすれば、モデルルームを疑似体験できる

 

大京穴吹不動産と大京リフォーム・デザインは、リフォーム後の室内デザインをCGで表現し、VRゴーグルで確認できるサイト「バーチャルリフォームルーム」をスタートしました。

http://www.daikyo-anabuki.co.jp/vr-reform

大京穴吹不動産では、中古物件の室内をVRゴーグルを使い360度パノラマ画像で閲覧できる「ぐるっとネットdeオープンルーム」を2016年9月にすでにサービス開始しています。今回のサービスもVRゴーグルを使ったもの。

サイト内では、実際の室内写真とCG画像による3種類のリフォームイメージが確認できます。リフォームイメージは、360度全方向に閲覧できるものになっています。

スマートフォンに市販のVRゴーグルを装着すれば、サイトにアクセスすることで、ユーザーは実際に見学しているような臨場感でモデルルームを疑似体験できるのが特長です。

リフォーム後にどう室内が変化するのか、あらかじめ確認できれば「思ってたのと違う!」というようなトラブルも減っていくでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です