住友不動産、麹町の建て替え再開発ビルを着工

住友不動産が「麹町四丁目計画」(東京都千代田区)を着工

・旧耐震ビル4棟と木造住宅2棟を、1棟のオフィスビルに建て替え

・東京メトロ「麹町」駅より徒歩1分

・災害時の電力供給システムを充実させる

 

住友不動産は2月27日、開発を進めている「麹町四丁目計画」(東京都千代田区)を着工しました。

このプロジェクトは、東京都の特定緊急輸送道路である新宿通り沿いの旧耐震ビル4棟と木造住宅2棟を、1棟のオフィスビルに建て替えるものです。

建て替えたビルは東京メトロ「麹町」駅より徒歩1分に立地。敷地面積は509.3坪、建物は鉄骨造一部鉄筋コンクリート造および鉄骨鉄筋コンクリート造で、免震構造を採用。地上10階地下1階建てで、延床面積は4,079.8坪。

外観は、新宿通りに面した外観外周部を斜めの面で額縁状にし、内側の中心部を、通りに平行するダブルスキンのガラスカーテンとするファサードデザインを採用しました。

また、2回線受電、送電停止時に中圧ガスによる最低10日間の発電、ガス供給停止時の非常用発電機による72時間電力供給といった3重の電力バックアップで電力供給を充実させます。さらにエレベーターの自動仮復旧システムや地下1階の防災備蓄倉庫なども備える予定です。

竣工は2018年4月末の予定となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です