不動産業者は教えてくれない購入時の節約方法

不動産を購入するときにかかる売買代金は誰もがよく検討して少しでも安く良いものを購入しようとします。
しかし忘れてはいけないのが諸費用です。
何千万の買い物を検討していると、諸費用などは微々たるものに思えてしまうのですが、たとえ数万円の節約だとしても日常生活の中では大きなものですよね。

大体の場合、不動産会社が見積もってきた諸費用をそのまま支払う人が多いのですが、その中で節約できるものもあるのです。
それは、登記費用と火災保険料の二つです。
節約できるものは少しでもしておいたほうがよいのではないでしょうか。

登記費用の節約

不動産を手に入れると、自分名義に登記を変更します。
不動産会社の見積もりにも当然その費用は入っていますが、提携する司法書士への報酬が割高になっているケースもままあります。
この登記費用を節約する方法は2つあります。

①登記を自分でやる
②報酬の安い司法書士を探す
この2種類です。

登記費用を節約する方法その1:自分でやる

登記は司法書士でなければできないというイメージが強いですが、そんなことはありません。自分でできます。
むしろ、以前は自分でやるのが原則だったようです。
自分で登記をすれば司法書士へ支払う報酬は必要なくなるのでその分節約することができます。

これで10万前後の提携司法書士へ支払う報酬を減らすことができます。

登記費用を節約する方法その2:報酬の安い司法書士を探す

もう一つは、報酬の安い司法書士探すという方法です。
自分でできると言われても、やはり面倒だったり、時間がとれなかったりすることもありますよね。
登記の報酬自体に決まりはありませんので、司法書士によって報酬額もまちまちです。
格安でやってくれるところを探せば見つかるでしょう。

また、不動産会社に対しても登記費用をまけてもらえないかと交渉することも可能です。
上の2つのように確実に節約できるとは限りませんが、交渉自体には応じてくれるところが多いです。

火災保険料

火災保険の節約は、必要な補償、特約だけを選び、保険会社を比較することで可能です。
火災保険についても言われるままにサインするだけというのが大多数ですが、実はその保険内容は過剰に設定されていることがほとんどです。

自前で火災保険に加入してもなんら問題はありませんので、自分の物件に見合った内容の保険商品を選ぶだけです。
これで節約できるのは年間数千円といったところでしょうが、長期的に考えると節約額は数十万に登ります。

またすでに火災保険に入っている場合でも、次回更新時に同じものを選ばなければならないというわけでもありません。
自分でより保険料の低い商品を探して、選び直してみると良いでしょう。
小さなことでもコツコツ節約する姿勢が大事です。

まとめ

1、登記手続きは誰でもすることができます。
2、登記手続きを自分ですると10万円以上節約できます。
3、時間のない方は、報酬の安い司法書士を見つけると数万は節約できます。
4、火災保険は業者の勧めるものに入らなくても大丈夫です。
5、自分に合った保険商品を指定したり、選び直すことでトータル数十万の節約ができます。