大和ハウスリート投資法人、15物件を取得

大和ハウスリート投資法人が、15物件の不動産信託受益権の取得および賃借を決定したと発表

・DPL三郷などの物流施設を中心に15物件取得

・取得価格合計は679億1,100万円

・物件取得に伴い、新投資口発行および投資口売り出しで約474億円を調達する計画

・2017年8月期の予想分配金は4,800円

 

大和ハウスリート投資法人は1日、15物件の不動産信託受益権の取得および賃借を決定したと発表しました。

取得する物件は、物流施設「DPL三郷」(埼玉県三郷市)および物流施設「Dプロジェクト浦安III」(千葉県浦安市)、物流施設「Dプロジェクト京田辺」(京都府京田辺市)、居住施設「カスタリア新栄II」(名古屋市中区)などを含む15物件です。

取得価格合計は679億1,100万円。取得予定日は、4月11日。

今回の資産取得により、同投資法人のポートフォリオは、合計204物件、取得価格合計5,816億8,300万円となります。

大和ハウスリート投資法人は今回の物件取得にあたって、新投資口発行および投資口売り出しを実施します。

公募による募集投資口数は15万6,720口、オーバーアロットメントによる売り出しが1万4,000口、第三者割合による募集投資口数は1万4,000口で、約474億円を調達する計画です。

大和ハウスリート投資法人の2017年8月期の予想分配金は、投資口1口(3月6日現在288,200円)当たり 4,800円と見込んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です