アパホテル<東新宿 歌舞伎町東>開業

アパホテルが3月3日に「アパホテル<東新宿 歌舞伎町東>」を開業

・新宿エリアで5棟目となるアパホテル

・BBCワールドニュース無料放映やWi-Fi無料接続を導入

・「自動チェックイン機」で混雑緩和

・多言語対応のショッピングチャンネルで注文したものは成田空港で商品受け取り可能に

 

アパホテルは3日、新宿エリア第5号となる「アパホテル<東新宿 歌舞伎町東>」(東京都新宿区、客室数129室)を開業しました。

 

同ホテルは、東京メトロ副都心線、都営大江戸線「東新宿」駅から徒歩2分。日本最大の繁華街「歌舞伎町」に位置します。鉄骨造地上14階建ての新都市型ホテル。

1階には、レストランカフェ「こだわりサンドウィッチと多国籍ダイニング SUN SUN」を設置。客室には、50型以上の大型液晶テレビや快眠を追求したオリジナルベッド「Cloud fit(クラウドフィット)」、通常の浴槽より20%節水可能なオリジナルユニットバス(卵型浴槽、定量止水栓、節水シャワー)等を完備しました。

BBCワールドニュース無料放映やWi-Fi無料接続を導入したほか、客室の明るさにこだわりシーリングライトを採用。ベッドの枕元に照明スイッチ類、空調リモコンを集約し、携帯・スマホの充電に便利なコンセント・USBポートを設置するなど、機能性を追求しています。

チェックイン混雑の緩和のため、オリジナル仕様の「自動チェックイン機」も導入。

多言語対応のショッピングチャンネル「おもてなしチャンネル」のサービスも開始。客室内のテレビを活用し、商品等を動画で紹介、宿泊客はコールセンターを通じて気に入った商品をテレビ画面上で注文・決済することができ、購入した商品は成田空港のカウンターで受け取る仕組みになっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です