ファッションブランドと共同プロデュースのリノベマンション

「カウカモ(cowcamo)」と「アングリッド(Ungrid )」が共同プロデュースのリノベーションマンションを発表

・リノベーション住宅特化のオンラインマーケット「カウカモ(cowcamo)」と、マークスタイラーが手がけるファッションブランド「アングリッド(Ungrid )」が共同プロデュース

・コラボレーションの第1弾は、神楽坂の「アールヴェール新宿弁天町」

・ファッションと共に生きるライフスタイルを提案

 

株式会社ツクルバ(本社:東京都目黒区 代表取締役:村上浩輝・中村真広)が手がけるリノベーション住宅特化のオンラインマーケット「カウカモ(cowcamo)」は、マークスタイラー株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:秋山正則)が手がけるファッションブランド「アングリッド(Ungrid )」と共同プロデュースのリノベーションマンションを発表しました。


「一点もの」の住まいとの出会いを提供するリノベーション住宅特化のオンラインマーケット「cowcamo(カウカモ)」は、リノベーション住宅の流通を促進することで、日本の住まい選びを、もっと自由で、自分らしいものにすることを目指しています。

お気に入りの服をコーディネートするように、自分らしいお気に入りの住まいに暮らすというライフスタイルを提案するため、ファッションブランド「アングリッド」とタッグを組み、互いのノウハウを生かしたコラボレーションによる、新しい住まいの形を提案していくそうです。

コラボレーションの第1弾は、神楽坂にほど近いアールヴェール新宿弁天町(東京都新宿区弁天町81-1)に決定。事業主は、全国でリノベーション事業を手がける株式会社フージャースコーポレーション。

「WEAR I LIVE ~その世界を身にまとう。その世界で息をする」をコンセプトに、お気に入りのファッションや雑貨、アートなどが飾れるギャラリーや、コーディネートが楽しめるフィッティングルームのようなウォークインクローゼット、靴のまま自撮りができるスペース、外光を浴びながら食事ができるインナーテラスなど、いたるところにフォトジェニックな仕掛けが施されたお部屋から、ファッションと共に生きるライフスタイルを提案する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です