KDDI、いちご、イタンジが業務提携、効率的な不動産賃貸取引を目指す

KDDI株式会社、不動産事業を手掛けるいちご株式会社、不動産賃貸業 界向けソリューションを提供するイタンジ株式会社が資本・業務提携契約を締結

・AIやビッグデータを活用した、より便利で効率的な不動産賃貸取引の実現

・イタンジの「ノマドクラウド」や「ぶっかくん」などの不動産会社向けのソリューションと物件情報を統合して「リアルタイム DB」を構築

・管理会社向けに、「内見予約管理システム」の提供を開始

 

KDDI株式会社(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下 KDDI)、不動産事業を手掛けるいちご株式会社(本社: 東京都千代田区、代表執行役社長: 長谷川 拓磨、以下 いちご)は、不動産賃貸業 界向けソリューションを提供するイタンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤 嘉盛、以下イタンジ) と資本・業務提携契約を締結し、イタンジが第三者割当増資により発行する株式を取得しました。

イタンジは、入居希望者とのコミュニケーションにおいてチャットツールの活用とAI による自動応答が可能な 仲介会社向けの顧客管理・営業支援クラウドシステム「ノマドクラウド」や、管理会社向けの物件確認電話自動応答システム「ぶっかくん」など、不動産会社向けのソリューションを提供しています。

KDDI とイタンジは、「空室状況の確認」や「内見予約」などにおいて、不動産会社、入居希望者双方のより便 利で効率的な不動産賃貸を実現するため、ソリューションの開発を強化します。

2017年3 月以降順次、「ぶっかくん」と「ノマドクラウド」の物件情報を統合し、リアルタイムな物件情報を持つデータベース(リアルタイム DB)を構築します。「リアルタイム DB」を「ノマドクラウド」と連携させることで、 仲介会社によるリアルタイムな物件の空室状況確認と、AI による自動返答の精度向上を実現。

また、管理会社向けには、内見の予約状況をカレンダーで一元管理し、業務の効率化を図る「内見予約管理システム」の提供を開始します。

さらに、株式会社 KDDI 総合研究所とイタンジは協力し、ビックデータや AI に関する技術を活用した入居希望者の好みに応じたタイムリーな物件提案など、新たなマーケティング手法の開発に取り組む予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です