仙台最大の免震タワーマンション完成

仙台で新築分譲タワーマンション「シティタワー長町新都心」が完成

・鉄筋コンクリート造地上24階建ての仙台市内では過去最大の免震タワーマンション

・最大48時間稼働できる非常用発電機などで防災強化

・間取りは1LDK+2S~4LDKで販売価格は2,980万~5,490万円

 

住友不動産が、新築分譲マンション「シティタワー長町新都心」(仙台市太白区、総戸数414戸)の完成を発表しました。

「シティタワー長町新都心」はJR「長町」駅より徒歩で7分。

大規模土地区画整理事業「あすと長町」の中に立地。

敷地面積5,886.81平方メートルで、鉄筋コンクリート造地上24階建ての、仙台市内では過去最大の免震タワーマンション。

専有面積は73.34~100.81平方メートル、間取りは1LDK+2S~4LDK。

ホテルライクなエントランスやパーティルーム等のスケールメリットを生かした共用施設が特徴です。

また、防災強化のため、非常用照明やエレベーターを最大48時間稼働できる非常用発電機なども用意しています。

販売価格は2,980万~5,490万円。

仙台市内からの購入者が67.9%を占め、県内が10.6%、福島県が11.0%となった。職業は会社員・公務員(一般職)が52.8%で最多、経営者・医師等が23.8%。年代別では、30歳代が31.3%、40歳代が27.1%と、30~40歳代で約6割を占めたものの、20~60歳代までまんべんなく分布しており、幅広い層から支持を得た模様で、今までに303戸が売れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です