大京、社内業務にチャットボット導入

大京が社内のITヘルプデスク業務に、チャットボット(自動応答)サービス「hitTO(ヒット)」を導入

・ユーザーが使うほど学習し、ユーザーの特性にあわせて最適な回答を提案する機能

・不動産業界での導入は初

・社内業務の業務効率化を図る

 

大京はVR内見を導入したりAIおよびIoTの活用を進めたりと最新の技術を取り入れるのに積極的ですが、今度は社内業務にチャットボット(自動応答)を導入すると発表しました。

社内のITヘルプデスク業務に、IBM Watson日本語版を活用したチャットボット(自動応答)サービス「hitTO(ヒット)」を導入するというものです。

「hitTO」は、株式会社ジェナが開発し、ソフトバンクが2016年11月から販売するパッケージ型のソリューションです。

不動産業界における導入は初めてということです。

ユーザーと自然な会話で対話でき、使うにつれて学習して成長し、ユーザーの特性にあわせて最適な回答を提案する機能を持っています。

また、学習データの内容を変えることで、社内向け、社外向けのさまざまな用途に対応できます。

PC向けのウェブサイトや、スマートフォンやタブレット向けのアプリケーション、LINE、Skypeなどの外部プラットフォーム向けアプリケーションなど、各種用途に合わせて使うこともできます。

今回の「hitTO」の導入により、社内業務で業務効率化を図るとともに、将来的には蓄積されたノウハウを生かし、住まいに関するさまざまな問い合せ対応業務への活用を検討していくとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です