投資マンション利回り東京23区1位は葛飾区

「東京23区マンション投資利回りの平均」の調査結果発表

・マンション投資利回り1位は葛飾区の8.06%

・江戸川区、足立区は7%台

・中央区、千代田区、港区、渋谷区、文京区、墨田区、江東区が5%台

 

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家」https://www.kenbiya.com/ が「東京23区マンション投資利回りの平均」の調査結果を発表しました。

調査対象は東京都23区で過去半年間(2016年9月~2017年2月)で健美家に登録された収益(投資用)不動産(区分マンション)29,597件です。

東京23区を利回りの高い順にランキングした結果、1位は葛飾区の8.06%で、唯一の8%台となりました。昨年8%だった江戸川区、足立区は7%台に低下しました。

前回5%台だった都心3区(中央区、千代田区、港区)に加えて、今回は渋谷区・文京区、墨田区、江東区が5%台に低下するなど、全体的に利回りの低下が目立つ結果となりました。

足立区・北区・江戸川区は、他のエリアに比べて利回りが高い穴場的なエリアでしたが、利回りの低下が目立つ結果となっています。

要因としては、足立区は北千住駅、北区は赤羽駅が、「住みたい街ランキング」に名を連ねるなど、再開発で話題となっており、江戸川区も小岩駅周辺の再開発が注目を集めていることなどがあげられると「健美家」では分析しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です