全国初、学生マンションに IoT技術を活用したサービス

学生マンションに IoT技術を活用したホームウォッチサービスを導入

・名古屋の学生マンションにホームウォッチサービス導入

・ホームウォッチは家電の遠隔操作や外出時のアラート機能などのスマートハウスサービス

・学生マンションに導入するのは全国初
全国で学生マンションの企画開発・仲介斡旋・運営管理までをトータルで行なう株式会社ジェイ・エス・ビー(本社:京都府京都市、代表取締役社長:田中 剛)は、IoT技術を活用したホームウォッチサービスを愛知県名古屋市東区の新築管理物件「学生会館Uni E’mealナゴヤドーム前(ユニエミール)」に2017年4月より導入します。

ホームウォッチとは、大崎電気工業株式会社が提供するIoT技術を利用したエアコンや照明など家電製品の遠隔操作機能や、外出時に不審者が侵入した際のアラート機能が備わった学生マンションでの導入は全国でも初めてとなる最新のスマートハウスサービスです。

ちなみに「ホームウォッチ」は大崎電気工業株式会社の登録商標です。

学生のひとり暮らしに対しては、今まで以上の快適性と安全性を求める声も多く届くようになり、それらの声に答える形で今回の導入に至ったようです。

他の管理物件への展開も今後予定しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です