住みたい街ランキング、関西は「西宮北口」が5年連続トップ

住みたい街ランキング2017関西版が発表

・総合1位は阪急神戸線「西宮北口」で5年連続トップ

・2位「梅田」3位「なんば」と続く

・住宅地として、また子育てのための環境の良さと交通の利便性が主な理由

 

リクルート住まいカンパニーは28日、「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017関西版」を発表しました。

http://www.recruit-sumai.co.jp/press/2017/03/sumitaimachi2017kansai.html

関西圏(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県)に住む20~49歳の男女を対象にインターネットで「住みたい街、行政市区」について上位3つを選択してもらい集計しました。有効回答数は2,100人。

「住みたい街(駅)ランキング」では、5年連続で阪急神戸線「西宮北口」駅が1位となりました。

文教都市で通勤通学に便利な点、落ち着きのある点が高い評価を得て、ライフステージ別の回答ではDINKSとファミリーでトップ、シングル層でも2位でした。

2位は大阪市営地下鉄「梅田」駅、3位は大阪市営地下鉄「なんば」駅となりました。

「西宮北口」の評価としては、

・落ち着きがあり、交通が便利である。大阪にも近く、神戸にも近い。人口も増えており、店も多く生活に便利(男性28歳/シングル)
・西宮ガーデンズがあり、買い物するのが便利。閑静な住宅街なので、憧れる(女性43歳/DINKS)
・特に子育てに関する環境が良く、便利で住みやすそう。交通の便も良く、買い物もしやすい(男性45歳/ファミリー)
・文教都市で通勤通学に便利な場所にあり、交通至便なロケーションだから(男性37歳/ファミリー)
・交通の便が良いことに加えて、図書館や映画館が近くにあり、ショッピングモールもあるので(男性47歳/ファミリー)
・高級なイメージで憧れがある。もしここにマンション買って転勤とかになっても高く売れそうなので(女性30歳/DINKS)

などが挙げられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です